menu

杉並区主催「障害と防災」に出演します(2016-09-11)

発達障害児を支援する方、関心のある方への講座です

昨年度に引き続き、杉並区が主催し東京女子大学が後援する『発達障害児地域支援講座』に、一区民としてご協力させていただきます。昨年度は、私が中心となって総論的なお話をさせていただきましたが、本年度は「自閉っこ家族のサバイバル」著者の高橋みかわ氏を中心に、東京女子大学の前川あさ美先生と共に、発達障害児の防災や災害対応について考えます。

関東・東北豪雨、平成28年熊本地震、そして今回の台風による災害と、相次ぐ自然災害に私たちはどのように向き合い、そして備えるべきなのか。発達障害児の特徴・特性を理解し、支えるご家族や支援者の方々にとって必要な備えについて考えることは、社会全体にとって必要な備えを考えることでもあると思います。

どうしてそんな流れになるのか、という点については昨年度の内容について記事にまとめていますので、そちらもご参照いただければ幸いです。

イベント関連記事を作成しました

本イベントに関連する記事を作成しましたので、併せてご覧いただければ幸いです。

 

イベントの概要(杉並区HPより引用)

発達障害児の支援に関心のある方はもちろん、地域の防災活動や災害支援活動など、幅広く考えたい方はどうぞお気軽にご参加ください。

開催日
平成28年9月11日(日曜日)

開催時間
午前10時 から 正午 まで

対象
一般(杉並区外の方もご参加ください)

開催場所
阿佐谷地域区民センター 第4・5集会室
杉並区阿佐谷南1丁目47番17号
アクセス:阿佐谷地域区民センター(杉並区HPへ)

申し込み
当日、直接会場へお越しください。

託児
託児あり(事前にご連絡ください)

出演
講 師 「自閉っこ家族のサバイバル」著者  高橋 みかわ氏
助言者 一般社団法人防災教育普及協会事務局長  宮﨑 賢哉氏
司 会 東京女子大学教授 前川 あさ美氏

定員
80名(先着順)

費用
無料

その他
託児が必要な方は、事前に電話で、こども発達センター(電話:03-5317-5661)へお問い合わせください。

添付ファイル

関連情報


子どもたちが通う保育園にも、チラシが貼りだされていました。僕も時々送り迎えをしているので、先生方や長男のクラスメイトにも完全に顔バレしてしまいました。別に悪いことをしているわけではないのですが、なんだか変な感じですね。

DSC_0444

保健主事・養護教諭のための防災教育~3つのLを守る~[2016年更新版]

在宅避難・車中泊の知恵袋~おうちでサバイバル7つのポイント~

関連記事

  1. 凸凹さん(発達障害児・者)の防災対策~特性を活か…

    ※2017年9月10日に本記事に関連した防災体験学習を行いました。詳しくは下…

  2. 被災のつらさ、身近な人ほど言えないことも~災害に…

    ご家族や兄弟、友人、恋人、学校の先生、サークルやクラブ、趣味…

  3. 中学校で災害食とトイレの体験学習、被災「それから…

    災害は「その時」、被災は「それから」という防災教育の視点…

  4. 発達障害と防災~ICT機器の可能性と課題~

    ご縁があってこのテーマに防災教育の視点で関わらせていただくことになりました。…

  5. K市中学校保健委員会「災害時の保健衛生」でトイレ…

    1 概要 本日はK市中学校の保健委員会で防災講話・演習…

  6. 避難所の”運営”と…

    今回は災害時の避難所における【運営】ルールと【生活】ルールについてご紹介し…

  7. 大阪府の支援学校で地区防災計画ワークショップに参…

    内閣府(防災担当)が推進している『地区防災計画』のモデル事業として、大阪府の…

  8. 法政大学チーム・オレンジが「災害時要援護者体験」…

    法政大学市ヶ谷ボランティアセンター学生団体「チーム・オレンジ」は、東日…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP